ちょっとひといき

何か役に立てることができないかと考えて綴っています。

Category [生活習慣病 ] 記事一覧

スポンサーサイト

体を強くするメカニカルストレス

メカニカルストレスをご存知でしょうか?体の骨や関節、筋肉といった運動器は日々適度に使用され続けることで構造と機能が維持されています。この時、運動器にかかる力のことを「メカニカルストレス」といいます。メカニカルストレスが骨にかかると骨がたわみます。骨はこのたわみの大きさを一定の範囲に収まるように骨量を増えたり減らしたりして丈夫さをコントロールします。ですので、体を動かさず、骨にメカニカルストレスがか...

ロコチェック

ロコモって、どの程度からの症状なのか?私ももしかしたらロコモなのかも?と思った方はロコチェックをお試しください。7つの項目について当てはまるかどうかチェックしていきます。7つとも、骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサインです。一つでも当てはまるようならロコモの心配があります。早めに対処するためにも一度お試しください。1.家の中でつまずいたり滑ったりする。2.階段を上がるのに手すりが必要である。...

足腰、関節の衰え

高齢になると、どうしても骨や関節が衰えてきてしまいます。骨粗鬆症の他にも、変形性関節症や脊柱管狭窄症もロコモの原因です。私の周りの高齢者のほとんどの方は、膝や腰に痛みを持っています。もう正座ができず、家に遊びに行きたいけれど、ソファや椅子がないと大変なんだよね、という話も聞いたことがあります。変形性関節症は、膝や腰などの関節にある軟骨が徐々にすり減ると同時に、関節の骨も変形しロコモの原因になります...

骨粗鬆症と子ども

骨粗鬆症は、高齢の女性に多く見られるロコモの原因です。65歳以上の女性の二人に一人は骨粗鬆症にかかる恐れがあるそうです。女性は閉経と老化から骨量(骨の質量)が減少します。最終的に骨がスカスカとなり弱くなって骨折をする可能性が高くなります。ただし、骨量の減少だけでは症状は現れません。スカスカになった骨が骨折することで、初めて症状が現れます。一番多く骨折するのは、背骨(胸椎や腰椎等)の椎体です。背中や腰...

筋力の低下

二番目のロコモの原因、筋力の低下について。筋力の低下は、60才を超えるとスピードアップします。もともと人間の筋力は、25から30才をピークに低下し始めます。45才前後までは緩やかに進行します。ですが、60才前後から筋力低下の勢いが増していくのです。高齢者の場合、筋力の低下が著しいのはお尻(殿筋群)↓太もも(大腿四頭筋)↓ふくらはぎ(下腿三頭筋)にかけての筋肉です。いずれも体を支え、立ったり歩いたりなどするとき...

ご案内

最新記事

防災検定パート1

右サイドメニュー

熱中症予防声かけプロジェクト

ひと涼みして熱中症を予防しよう。

飲み物を持ち歩こう

FOOD ACTION NIPPON

日本の食料自給率アップ
のための国民運動

政府の節電ポータルサイト

節電.go.jp〈政府の節電ポータルサイト〉

日本赤十字社災害救護速報

災害ボランティア情報

全社協
被災地支援・災害ボランティア情報

LOVE in Action プロジェクト

日本赤十字社の献血推進活動

プロフィール

kyumei

Author:kyumei
ようこそお越しくださいました。
少しずつですが何か役に立てることができないかと考えて綴っていきます。

よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

リンク元

track feed ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。